夏に使いたいポートフィノ IW391009・ミラネーゼブレスが贈る真夏の1本

0
夏に使いたいポートフィノ IW391009・ミラネーゼブレスが贈る真夏の1本

夏に合う時計はどんな時計だろう?

とふと考えることがある。

例えば青を使った海を連想させる清々しいモデルもそうだし、

単純にダイバーズというのも夏っぽい腕時計。

青い時計というとIWCにはインヂュニアのミッションアースと呼ばれるモデルがあるが、

あれもすごくいい。

インヂュニア IW323603・プラスティキ号へのトリビュート・アドベンチャーエコロジーと探検家ロスチャイルド氏

あの清々しいくらいの青がなんても言えないくらい良い。

タペストリーのような立体文字盤もジェラルドジェンタっぽい。

オーデマピゲのロイヤルオークエクストラシンを思い起こさせる。

夏には色使いやデザインで楽しむ方法と、

機能で夏を楽しむ時計がある。

例えばミラネーゼブレス。

IW391009ポートフィノミラネーゼブレス

IWC IW391009 ポートフィノ・クロノグラフ
1960年代のイタリアンスポーツカー操縦席のデザインを取り入れたプッシュボタンや 積算計カウンター、スポ…

IWC IW391009腕時計ポートフィノ・クロノグラフメンズ [お取り寄せ品] [並行輸入品]

こういうメッシュタイプのブレスレットをミラネーゼブレスと呼ぶ。

これが夏っぽくて良い。

このミラネーゼブレスは1960年代に流行ったというスタイルのブレスレットで、

IWCやユンハンスはこのブレスレットを現代の時計によみがえらせたブランド。

こういう懐かしさやアンティークの雰囲気を出す時計が好きな人がやっぱりいるもんだ。

IW391009ポートフィノ
image by www.jw-oomiya.co.jp

メッシュのブレスレットにするだけでこういうヴィンテージ感が味わえる。

もともとポートフィノは昔風のデザインが売りの時計で、

丸みを帯びたポリッシュ加工のケースと、

ポン付けしたようなラグが相性ばっちりだった。

前回はノンクロノグラフモデルについて書いたわけですが、

このモデルはクロノグラフで、

プッシュボタンの形状などはキノコの形で、

これが古典的でミラネーゼブレスと喧嘩していない。

味王みたいな言い方ですが、

そんな感じw

IW391009ポートフィノ

長さ調節も用意に出来るのがメッシュブレスレットの良いところ。

夏に良いというのも通気性の面から。

レザーはやっぱり汗に弱い。

僕が持っていてレザーストラップも汗でボロボロになっていた。

夏はブレスタイプかラバータイプがやっぱり好まれる。

そこであえてミラネーゼというのが時計ツウという感じ。

現代ではこのメッシュブレスレットは数ブランドしか標準では販売していない。

  • ケース直径: 42mm
  • ケース厚: 13.5mm
  • ムーブメント: 自動巻きCal.75320
  • パワーリザーブ: 44時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: 30m

こういうスペック。

価格帯もポートフィノなのでそこまでしない。

夏用の1本と割り切って2本目、3本目として使いたいモデルだ。

もしこれが1本目ということでも、

冬にはまた冬であらたに新調すればいい。

時計には終わりはないw

僕ならこれを2本目として使いたい。

IWC IW391009 ポートフィノ・クロノグラフ
1960年代のイタリアンスポーツカー操縦席のデザインを取り入れたプッシュボタンや 積算計カウンター、スポ…

IWC IW391009腕時計ポートフィノ・クロノグラフメンズ [お取り寄せ品] [並行輸入品]


IWC IWC ポートフィノ クロノグラフ IW391009 【新品】 時計 メンズ
[在庫あり] ●詳細● ●IWC モデル:ポートフィノ クロノグラフ 型番:IW391009 保証:当店オリジナル保証3年…

関連性のあるおすすめ記事