30代からの本気時計・18Kレッドゴールドのポートフィノ IW356504・ブラウンレザーとの組み合わせは?

0
30代からの本気時計・18Kレッドゴールドのポートフィノ IW356504・ブラウンレザーとの組み合わせは?

ポートフィノかポルトギーゼか、

この2シリーズは本当にきれいな腕時計で、

両者似ていますが、

全く別の特徴を持っているのです。

どちらもドレスウォッチの王道を行くデザインが特徴的。

ただポルトギーゼの方は、

スポーティに色付けされたり

複雑機構を搭載されたコンプリケーションがあったりと割と幅は広く展開されている。

それゆえにムーブメントも自社製のコンプリケーションムーブメントを搭載したりして、

ポートフィノよりも高級なラインというイメージが強い。

一方ポートフィノは独自に自分の道を行く昔かたぎな感じがする王道のドレス系。

スタイルをあまり変えないし、

基本デザインはだいたい全部似ている。

クロノグラフ機能などが付いたモデルは古典的にデザインされ、

インデックスもローマ数字になっていて玄人向き。

コンプリケーションがない分ポルトギーゼに差をつけられている感じがするが、

決して劣っているわけでは無い。

実際僕はポートフィノで一生時計を探してみても良いと思っている。

そうなるとやっぱり18金レッドゴールドが断然いい。

ステンレス時計だとやはり時計としては見劣りするというのが僕の見解。

ゴールドでも嫌味とか違和感ははっきり言ってない。

IWC ポートフィノ IW356504 シルバー文字盤 メンズ 腕時計 新品


IWC ポートフィノ IW356504 シルバー文字盤 メンズ 腕時計 新品

先の裏蓋の画像。

これはイタリアにある漁村の名前からきている。

裏からの表情がすごく美しいのでまずはこっちから。

18Kレッドゴールドを使用したケースとブラウンのレザーは最高の組み合わせ。

こういうコンビネーションはやはり各ブランでも見られる。

おそらくゴールドにはブラウンレザーと相場が決まっているのだろう。

確かに黒よりは断然いい。

IW356504ポートフィノ

お待ちかねの正面画像。

これは確かに効くw

なかなか完璧に近いスタイルだ。

ラグの形状に始まり、

ケースの形(ベゼルなどの厚みなど)、

文字盤のインデックスや特に針。

これは結構万人受けするデザインなのではないだろうか?

18Kレッドゴールドに合わせられるはやっぱりブラウン。

これがすごく良いんですよやっぱり。

動画で見ると良さがすごくわかる。

  • ケース直径: 40mm
  • ケース厚: 9mm
  • ムーブメント: 自動巻きCal.35111
  • パワーリザーブ: 42時間
  • ケース素材: 18Kレッドゴールド
  • 防水性: 30m

スペックはこういう感じ。

ケースが9mmで薄型なんですよ。

これくらい綺麗に仕上がっている腕時計なら確かにずっと使う本気時計のカテゴリに入れても良い。

IWC ポートフィノ IW356504 シルバー文字盤 メンズ 腕時計 新品


IWC ポートフィノ IW356504 シルバー文字盤 メンズ 腕時計 新品


IWC IW356504 ポートフィノ・オートマティック
質感のよい文字盤はポートフィノの最大の魅力。シンプルを突き詰めた3針ダイヤル。 「ポートフィノ・オー…

image by blog.livedoor.jp/bestshinjuku3f

関連性のあるおすすめ記事