インジュニア AMG ブラックシリーズ IW322503・ジェラルドジェンタ x セラミック x 酸化ジルコニウム

0
インジュニア AMG ブラックシリーズ IW322503・ジェラルドジェンタ x セラミック x 酸化ジルコニウム

AMG。

僕はこの言葉が大好き。

メルセデスベンツが大好きでAMG仕様のスポーツカーのエキゾースト音がすごい好きなのだ。

AMGからSLS登場したときは少々興奮したw

フェラーリとは逆の低い音が奏でる排気音はまさに芸術w

これがAMGの良いところ。

SLSは完全AMGの車ですが、

AMG仕様のメルセデスはもともとはメルセデス。

実用性がかなりある。

フェラーリやランボルギーニは実用面でいうとやはり弱い。

総合的にバランスの良さでメルセデスの車がやはり良い。

AMGでチューンされた市販メルセデスはやはりかなりパフォーマンスが良い。

一度SクラスW221のAMGに乗ったことがあるがかなり良かった。

S63で8気筒の自然吸気だったかな?

違ってたらゴメス。

ということで僕はメルセデスの車が大好き。

それがIWCが好きな理由の一つでもある。

IW322503インヂュニア

これはインヂュニアとAMGがコラボしたモデル。

全身真っ黒なスポーツウォッチインヂュニア。

ケースの素材はセラミック。

この辺がAMGっぽい。

セラミックといえばセラミックブレーキ。

レーシングや時計にはセラミックやカーボンはやはり欠かせない。

時計のバリエーションを増やすのにセラミック素材やカーボン素材を使って新たな種類を増やしたり、

スポーツモデルを生み出したりというのはよくあるのですが、

やはりセラミックやカーボンで作られた時計はこうレーシングの血が走っているようで男心をくすぐる。

その証拠にレディースモデルでセラミックやカーボン製の腕時計はほとんどないと思われる。

僕が知らないだけかも。

ただ球数は少ない。

そういう面でもセラミック素材の腕時計は男の時計という感じ。

背景にはレーシングの血が流れているから。

裏蓋リング、リューズ、リューズガードには酸化ジルコニウムを使用し、

異素材の黒を融合した時計が出来上がっている。

IWC インヂュ二ア オートマティック AMG ブラックシリーズ IW322503 ブラック文字盤 メンズ 腕時計 中古

動画で見ると同じ黒でも素材の違いがよく分かる。

デザインはご存知ジェラルドジェンタのインヂュニアSLの流れをくむ。

まあインヂュニア全体的に天才ジェラルドジェンタのデザインが基本スタイルだ。

特にこのラグのないケースが僕は好き。

高級時計にみられる共通点、

ラグのないケース。

パテックフィリップのノーチラス、

オーデマピゲのロイヤルオーク、

フランクミュラーのヴァンガードなどなど、

インヂュニアもその中の仲間入りみたいで心地よい。

スペックを簡単にご説明。

  • ケース直径: 46mm
  • ケース厚: 14.5mm
  • ムーブメント自動巻き: Cal.80110
  • パワーリザーブ: 44時間
  • ケース素材: セラミック
  • 防水性: 120m

こんな感じ。

ダイバーズでもないのにけっこう防水性があるw

ちょっとうれしい驚き。

ダイビングも出来るレーシングクロノグラフ。

ピッチャーもできるイチローみたいな腕時計w

AMGの最高のシリーズであるブラックシリーズとのコラボ作品で、

テーマはセラミックの本機。

基本デザインがすでに高級で、

防水性も高い。

どこを目指すのかちょっとわからないがハイスペックw

真っ黒い時計ならウブロのブラックマジックかIWCのインヂュニアAMGブラックシリーズか迷う。

どっちもかっこいいけど。

IWC インヂュ二ア オートマティック AMG ブラックシリーズ IW322503 ブラック文字盤 メンズ 腕時計 中古


IWC IWC インジュニア オートマティック AMG ブラックシリーズ セラミック IW322503 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●IWC モデル:インジュニア オートマティック AMG ブラックシ…

関連性のあるおすすめ記事